Amコードの押さえ方、指の使い方
ギターのノウハウ教えちゃお!

Amコードの押さえ方、指の使い方

トップページコードを学ぶ>Amコードの押さえ方、指の使い方
スポンサードリンク

≪Amコードの押さえ方、指の使い方≫


ギターコードAmの押さえ方
★薬指を離せば、”Am7”に。
マイナーコードの入門編”Am”

ギターのマイナーコードの中でも比較的簡単で、使用頻度も高いAmコード。CやF、そしてGコードとセットで循環コードとして用いられるものとして使用することも多いです。

これをマスターしたら、ハイ(バレー)コードのAmもマスターしたいところですね(特にエレキギターを弾く方は)。マイナーコードとはメジャーコードと相対して「暗い哀愁のある感じ、イメージの和音」のことです。

さて、初心者の方を対象しているサイトですので、まずはギターの基本からチェック…

フレットと弦の解説ですが、ギターを構えて左側(左利きの方の場合はその逆)から1フレット、2フレット…と数えていきます。

また、弦が細い方から1弦、2弦…と数えていき、一番太い弦が6弦という数え方になります。特に初心者の方は最初が肝心ですので覚えておいてくださいね。


スポンサードリンク


≪Amコードのコツ≫
A同様、基本的かつ押さえやすい位置にあるので、手首の返しも少なく割と楽にできるかも知れないですよね。この易しいパターンをマスターしてから次へステップを勧めることをお勧めします。次第に手首や指、手のひら全体がギターに慣れてきますので。

ギターAmコード 具体的に押さえ方に入ります。
(押さえ方の順序は異なっても構いません)

◎まず、人差し指で2弦の1フレットを押さえます。

◎次に、中指で4弦2フレットを押さえます。

◎最後に、薬指で3弦2フレットを押さえて完成です。


演奏時には、5弦の「ラの音」が基点となり、1〜5弦を弾き奏でることになります。また、アコースティックギターの場合は特に、小指を使ってベース音を付して奏でるケースも多くでてきます。


下記は動画による解説です。「コツをつかみたい」という方は、テキストと合わせてご覧下さい。約2分弱程度で観ることが出来ます。


スポンサードリンク


カスタム検索


サイトコンテンツ


ギターのことを学ぼう


機材のことを学ぼう


覚えよう・弾いてみよう


ギター上達のために


ギター上達のために

リンク集のご紹介


Copyright(C)ギターのノウハウ教えちゃお!初心者講座All Rights Resereved