エレキギター(ストラトキャスター)の各部名称

ギターのノウハウ教えちゃお!

エレキギターの各部名称と意味、働き

トップページ>エレキギター(ストラトキャスター)の各部名称
スポンサードリンク
◆エレキギターの各部名称◆

アコギのページでも述べましたように、ギターを始める上で、必要な知識の第一歩。それは”各部・パーツの名称”ではないでしょうか。

特に、エレキギターは電気系統の知識も若干必要になってきます。各パーツの名称を知っておくことでカスタマイズやメンテナンスの際に役立つことも多いです。また、上達への礎(いしずえ)にもなってきます。

また、あこがれのギタリストのインタビュー記事や動画を発見した際に、エレキやエフェクター・アンプなどの話の意味がわからない!なんてことがあったらもったいない。

…ということが多々あるので、今回はストラトキャスターに関してです(そんなに深すぎるところまで行く必要もないですが)

◆専門用語、知っていると便利!◆

エレキギターストラトキャスター各部名称 それでは、簡単な説明を交えつつ…
<パート1>

(1)”ヘッド”と言って、ギターの頭となる部分です。

(2)”ストリングガイド/テンションピン”。これで弦のテンションを調節します。また、弦をナットへ導く役割も。

(3)”ナット”。弦を支える部分です。

(4)”指板(しばん)”。私たちがコードなどを押さえる部分です。別名フィンガーボードとも。

(5)”ネック”。柄の部分、左手で握る部分ですね。大切です。

(6)”フレット”。コードを覚える時は、フレット間のことを言ったりします。

(7)”ペグ”。弦を巻く部分です。
スポンサードリンク


ストラトキャスター各部名称 <パート2>です。

こちらでも1,2,3と言ったように…

(1)”ボディ”。ギターの胴体です。また、白い部分をピックがードといい、ボディを守る役割を持ちます。

(2)”ピックアップセレクター”。別名5ウェイスイッチとも言います。使用するピックアップを選択することで、音質を変えます。

(3)”ボリューム”音量を調節するつまみです。

(4)”トーン”。こちらはフロントピックアップのトーンを変えるつまみです。

(5)”トーン”。こちらはセンターピックアップのトーンを変えるつまみです。(※尚、リア:後方部のピックアップのトーンつまみは通常ありませんが、稀に存在するものもあります。一応知識として備えておいてください)

(6)”ジャック”。シールド線(ギターケーブル)を差し込む部分です。

(7)”ブリッジ”。この部分で弦を支えます。また、弦高(弦と指板のすき間)の調節や、オクターブチューニング(倍音と実音のバランス)を行う事もできます。

(8)”フロントピックアップ”。音を拾う部分・パーツ。ここを選択することにより、柔らかい音で演奏することができます。

(9)”センターピックアップ”。中には”ミドル”と呼称する方も。文字通り中間音色、スタンダードな音色になります。

(10)”リアピックアップ”。比較的硬い音になります。

(11)”アーム(今回はありませんが)”。小さい穴があるのが見えるでしょうか。通常はそこに差し込んであるはずの(?)音をギュイーンと変化を与える棒状のものです(スイマセン、私は使用しないのでつけておりませんw)

フェンダー USA 純正パーツ Fender Tremolo Arm for Standard(これはメキシコ仕様)


◆アームをロックする時は?◆

エリック・クラプトンはストラトキャスターを使用しておりますが、アームを外してブリッジをロック(固定)してありますよね。

これはどうやっているかというと、ギターのボディ裏側のフタを開けると、トレモロスプリングというものが入っており、これがブリッジを支えているのですが、通常は3本で支えています。それを(私の場合は)2本増やして、ブリッジを完全に固定してあるのです。

メーカーによって色々種類があるので、すべてのギターに適しているかどうかわかりませんが、一応予備知識として。

トレモロブリッジ用スプリング

スポンサードリンク


カスタム検索


サイトコンテンツ


ギターのことを学ぼう


機材のことを学ぼう


覚えよう・弾いてみよう


ギター上達のために


ギター上達のために

リンク集のご紹介


Copyright(C)ギターのノウハウ教えちゃお!初心者講座All Rights Resereved