Bmコードの押さえ方、指の使い方
ギターのノウハウ教えちゃお!

Bmコードの押さえ方、指の使い方

トップページコードを学ぶ>Bmコードの押さえ方、指の使い方
スポンサードリンク

≪Bmコードの押さえ方、指の使い方≫


ギターコードBmの押さえ方
★小指を離せば、”Bm7”の形に。
これを覚えれば応用が効く!”Bm”

FやBのコードを経験していると押さえられますが、初心者の方には比較的難しい(?)とも言われているBmのコード。

最初のうちは、形だけを覚えて、高い位置(高いフレット)で押さえる練習をしてから2フレットの位置へ戻す(本来の位置)という練習方法もあります。

さて、初心者の方を対象しているサイトですので、まずはギターの基本からチェック…

フレットと弦の解説ですが、ギターを構えて左側(左利きの方の場合はその逆)から1フレット、2フレット…と数えていきます。

また、弦が細い方から1弦、2弦…と数えていき、一番太い弦が6弦という数え方になります。特に初心者の方は最初が肝心ですので覚えておいてくださいね。



スポンサードリンク


≪Bmコードのコツ≫
これもまた人差し指がまず大事なポイントになります。段階的に、FやBをマスターした後に取り組むケースが多いかも知れませんので、それほど難しく感じないかも知れませんが。この形をスライドしていくことで数々のコードが理解できるようになるのが便利で嬉しいところ。また、知識として、同じ和音でも何通りかの押さえ方があることも知っておいて下さい

ギターBmコード 具体的に押さえ方に入ります。
(押さえ方の順序は異なっても構いません)

◎まず、人差し指で2フレット6弦すべて、もしくは必要な部分である1弦と5弦だけをしっかりと押さえます。

◎次に、中指で2弦3フレットを押さえます。

◎次に、薬指で4弦4フレットを押さえます。

◎最後に、小指で3弦4フレットを押さえて完成です。


演奏時には、「シの音」が基点となりますので、5弦から弾き奏でることになります。メジャーコードもマイナーコードもコードネームの基点となる部分はキーごとに同じです。



下記は動画による解説です。「コツをつかみたい」という方は、テキストと合わせてご覧下さい。約2分弱程度で観ることが出来ます。


スポンサードリンク


カスタム検索


サイトコンテンツ


ギターのことを学ぼう


機材のことを学ぼう


覚えよう・弾いてみよう


ギター上達のために


ギター上達のために

リンク集のご紹介


Copyright(C)ギターのノウハウ教えちゃお!初心者講座All Rights Resereved