ギターのコンデンサーの交換方法(図解)

ギターのノウハウ教えちゃお!

コンデンサーの配線について

トップページギターエッセイ>コンデンサーの交換
スポンサードリンク

コンデンサーの交換、付け替え方


『ギターの音質を変えたい』…そんな思いに駆られるギタリストの方も多いと思います。

コンデンサーによっては、(交換すると)音抜けがよくなったり、音の雰囲気がガラリと変わるという効果が期待できます。(今回はコンデンサーを良いものに交換したため、劇的に音が変わりました。素晴らしい!)

ショップ(楽器屋さん・電気専門店)などに行くと、店員さんに『ギター(種類などを説明して)のコンデンサーを探しているのですが』といったように質問すれば、大抵のことに関しては応えてくれるでしょう。


付け替える際に必要な道具として、

ドライバー、はんだごて、はんだ、ニッパー、ラジオペンチ などを揃えておいてください。(はんだは細いもので大丈夫です。こても小さいもので対応してください)

スポンサードリンク


《まず、ギターの中をを開けます》

エレキギターの中身 こちらはフェンダーのストラトキャスターを開けたものです。

1.まず弦を外してから周りのネジをゆるめてゆき、そっと外して行きます(配線に注意)

この時に、ピックアップ(ストラトですと三つ)の両側についているネジはそのままにしておくように気をつけましょう。

《交換したいコンデンサーをつけます》
エレキギターコンデンサーつけ方図解 2.まず、既存のコンデンサーをはずします。この時に◎はんだごてを用います。配線に注意しながら、はんだ付けしてあるところに熱を当てながら溶かして(キレイに)はずしてゆきます。

3.その後、外した配線を覚えておきながら(つけたい)コンデンサーを元の配線へと付け替えます。

※周りの配線を焼いてしまわないように注意してくださいね。

《付け替えるだけなので、意外と簡単です》
純正コンデンサー 既存のコンデンサーを手にしてみました。

小さい…

驚くほどの大きな差とまでは申しませんが、この後プラグインして演奏してみたところ、音に厚みが増したのを感じました。もちろんエフェクター無しで試し弾きを繰り返し、他のコンデンサーも付け替え、試してみました。

良いものは結構な値段がします。数種類性質をしっかりと調べた上で購入したいところですね。詳しくは楽器屋さんでも教えてくれます。

スポンサードリンク

カスタム検索


サイトコンテンツ


ギターのことを学ぼう


機材のことを学ぼう


覚えよう・弾いてみよう


ギター上達のために


ギター上達のために

リンク集のご紹介


Copyright(C)ギターのノウハウ教えちゃお!初心者講座All Rights Resereved