Eコードの押さえ方、指の使い方
ギターのノウハウ教えちゃお!

Eコードの押さえ方、指の使い方

トップページコードを学ぶ>Eコードの押さえ方、指の使い方
スポンサードリンク

≪Eコードの押さえ方、指の使い方≫


ギターコードEの押さえ方 エレキでよく使う”E”

これは「ミの音」を基点(ルート音)にした和音を意味します。一番低い音を使えるので、深い演奏が可能になるキー(音階)であり、コード(和音)です。

アコースティックギター、エレキギター問わず、頻繁に使うコードですので、しっかり覚えておきたいところですね。ブルースやロック、フォークなどジャンルを問わず使用頻度が多いです。

さて、まずは画像をご覧になりながらテキストをお読み頂く形になりますが、まずは基本から…

フレットと弦の解説ですが、ギターを構えて頭側:左側(左利きの方の場合はその逆)から1フレット、2フレット…と数えていきます。

また、弦が細い方から1弦、2弦…と数えていき、一番太い弦が6弦という数え方になります。特に初心者の方は最初が肝心ですので覚えておいてくださいね。

スポンサードリンク


≪Eコードのコツ≫
一番ヘッドよりにあるので、弦が硬く感じるかも知れません。その分押さえづらく思いますが、何度か繰り返し取り組んでいくうちに、指が慣れてきます。難易度からいけば、中間くらいでしょうか。

ギターEコード 具体的に押さえ方に入ります。
(押さえ方の順序は異なっても構いません)

◎人差し指で3弦の1フレットを押さえます。

◎中指で5弦の2フレットを押さえます。

◎最後に、薬指で4弦の2フレットを押さえて完成です。


そして奏でる際には、6弦(ミの音)から弦すべてを弾く、活用できる形になります。1、2フレットが中心のコードで少々力が必要かも知れませんが、覚えれば比較的簡単なコードです。


下記は動画による解説です。「コツをつかみたい」という方は、テキストと合わせてご覧下さい。約2分弱程度で観ることが出来ます。


スポンサードリンク


カスタム検索


サイトコンテンツ


ギターのことを学ぼう


機材のことを学ぼう


覚えよう・弾いてみよう


ギター上達のために


ギター上達のために

リンク集のご紹介


Copyright(C)ギターのノウハウ教えちゃお!初心者講座All Rights Resereved