Fコード、Bコードの押さえ方のコツとポイントと克服法

ギターのノウハウ教えちゃお!

FとBコードの押さえ方のコツとポイント

トップページ基本コードと種類>FとBコードの押さえ方のコツとポイント
スポンサードリンク
◆FそしてBコードの押さえ方のコツとポイント◆

アコースティックギターでも、エレキギターでも、押さえる(使用する)コードは同じですが、初心者の方の最初の難関の一つが”Fのコードの押さえ方”です。Bも同じく。


まずはセーハを制覇しよう!(シャレです)

動画のほうでも解説している内容ですが、ひとつの指で複数の弦を押さえることをギター専門用語で”セーハ”と言います。そして、そのセーハを活用したコードの押さえ方を”バレーコード”と言います。

こういった専門用語も、上達する上で必要ですので是非合わせて覚えておいて下さいね。
さて、具体的な解説に移ります。

FやBのハイコードの形はこの”セーハ”をできるようになるまでトライしなくても大丈夫。逆にセーハ(ここで申し上げるのは、人差し指一本だけの状態)を練習してみることで上達が早くなりますので焦らずじっくり行ってみてくださいね。


ココがポイント!(改訂しました)
FコードBコードの押さえ方のコツ 左図は、上がFコードの押さえ方、そして下がBの押さえ方です。

矢印がご覧になれるでしょうか。これは力を入れる方向を意味します。

押さえづらくなるのは(難しく感じるのは)、「フレット(指板)に対して垂直に力を入れようとすること」によるものが多いです。

ですので、ギターを構えたら自分の体の方向へ力を入れる。つまり斜めに力を入れる感覚だと、少し楽に出来るようになります。

そしてまた、フレットの端の方(金属部)に近い方で押さえると正確な音階にもなりますし、指も楽になりますので、試してみてはいかがでしょうか。

ギターの弦高で難しい場合も?

ギターのコードの押さえ方は、弦高(げんこう:弦と指板のすき間)に比例します。弦高が高いと押さえにくいですよね。

エレキギターは比較的弦高が低いので押さえやすくなっていますが、アコギの方はちょっと大変かも知れません(最近のエレアコは低めになっているものもあります)しかし、その分しっかりとした基本ができるようになりますので、それを目標にトライしてみてください。




フレットの低い位置はナットが近いため弦が硬く感じるから・・・

最初のうちはかなりやりづらいですが、フレットをちょっと高音の位置に(Fのコードの場合は1フレットでセーハして押さえますが、練習のために5フレットあたりの位置で(その位置はAということになりますが)練習することで要領を得られると思います。

そのセーハができるようになったら、中指や薬指、小指をFのコードの押さえ方の形にしてみてください。そしてまた完成したら従来の位置(F)で行うようにすれば完成です(お疲れ様です)。


スポンサードリンク



▼動画によるわかりやすい実演解説。
(※3分ほどでご覧になれます。この流れを聴いておけば理解しやすいですヨ)
YOUTUBEでご覧になりたい方は、こちらのページからどうぞ(新しいウィンドウで開きます)。



スポンサードリンク


カスタム検索


サイトコンテンツ


ギターのことを学ぼう


機材のことを学ぼう


覚えよう・弾いてみよう


ギター上達のために


ギター上達のために

リンク集のご紹介


Copyright(C)ギターのノウハウ教えちゃお!初心者講座All Rights Resereved