オープンチューニングの方法・仕方(G open tuning)

ギターのノウハウ教えちゃお!

オープンチューニングの方法・仕方

トップページエッセイ・音楽談義>オープンチューニングの方法・仕方(G open tuning)
スポンサードリンク
◆オープンチューニングの方法・仕方(G open tuning)◆

ギターのチューニングにも様々な方法があります。まず私たちが学ぶのはナチュラルチューニングと呼ばれるものですよね。

E A D G B E つまり、”ミ・ラ・レ・ソ・シ・ミ”のチューニング方法です。その際は、音叉(おんさ:チューニングフォーク)を使ったり、チューニングメーター/チューナーを使ってチューニングを行ったりするものです。目安となるものがあるので大変便利なのですが、では次にオープンチューングに変えたい時はどうすればよいのか?それを解説していきます。

まず、オープンチューニングでも使用頻度が高い”Gオープン”についての解説です。

復習として、ナチュラルチューニング(上段)とGオープンチューニング(下段)を見てください。

▼(音階は)左側6弦→1弦右側の順で表記。
ナチュラル E A D G B E(ミ・ラ・レ・ソ・シ・ミ)
Gオープン D G D G B D(レ・ソ・レ・ソ・シ・レ)

ご覧のように、これらの表でわかるのは6弦、5弦、1弦を1音ずつ下げる必要があることがわかります。そこで、ギター内にもともとある音でチューニングします(この場合はできます)。

1.4弦のレの音を使って6弦を1音(レまで)下げます。

2.3弦のソの音を使って5弦を1音(ソまで)下げます。

3.4弦のレの音を使って1弦を1音(レまで)下げます。

以上でGオープンチューニングの完成です。動画を見ることで更にわかりやすくなりますので、こちらのテキストと合わせてご覧下さい。

スポンサードリンク


▼動画によるわかりやすい実演解説。
(※4分ほどでご覧になれます。この流れを聴いておけば理解しやすいですヨ)
YOUTUBEでご覧になりたい方は、こちらのページからどうぞ(新しいウィンドウで開きます)。



スポンサードリンク


カスタム検索


サイトコンテンツ


ギターのことを学ぼう


機材のことを学ぼう


覚えよう・弾いてみよう


ギター上達のために


ギター上達のために

リンク集のご紹介


Copyright(C)ギターのノウハウ教えちゃお!初心者講座All Rights Resereved