ジェフ・ベック

ギターのノウハウ教えちゃお!

ジェフ・ベック

トップページギターエッセイ>ジェフ・ベック
スポンサードリンク

ジェフ・ベックから学ぶ


言わずとしれた世界三大ギタリスト、”ギターの神様、ジェフ・ベック”。
初心者の方じゃなくても”あんな風にギターを弾いてみたい♪”と思っていらっしゃる方は全世界に数え切れないほどでしょう。

他のギタリストと異なり、ジェフ・ベックのギターというのはテクニックだけではないところがあるので、真似しにくいところがあります。たとえプロでもそれを真似できるのは”イイ耳と桁はずれたテクニックの持ち主”だけがたどり着ける領域と思われがちなのがあたりまえな考え方となっています。

それでも真似できるところ、学べるところはたくさんあるのです♪

さて、本題でもある”ジェフ・ベックの魅力”に迫ってゆきましょう。

【いたずらっ子のような感覚で音を楽しむ永遠のギターキッズ】

ジェフ・ベックを見ていると外見同様”若い”イメージがあります。実際、彼はエリック・クラプトンとほぼ同い年なのです。あのCharさん曰く”彼は隠れて練習するタイプ”という表現がぴったりするほど”天才的ギタリスト”で、”本当にギターの音なの?”というような音色で幅広い表現で楽しませてくれます。





参考映像(著作権上の問題等で削除、もしくは再生不能になる可能性もあります。その他の理由においても動作を保障するものではありません。)

動画投稿サイトへ(YouTube)

隣で弾いているライトハンド奏法のバンドメンバーも気になりますが(笑)一緒にプレイするメンバーのレベルも超一流であることがわかります。そして更にジェフ・ベックの手元に注目してほしいのですが、このところ彼はピックを使っておりません。エフェクターサウンドのみならず、アンプとモニター間による周波数の調整であのような空間系サウンドをつむぎだしているのをご存知の方もまだ少ないと思います。

また、最近ではバイオリン奏法やボトルネック奏法、そしてアームを使わずにブリッジの部分に手で振動を加えて音色に変化を与えるなど、”ジェフ・ベックならでは”の弾き方が魅力に更に磨きをかけている感があります。

今後も益々目が離せないギタリストですね。


スポンサードリンク
カスタム検索


サイトコンテンツ


ギターのことを学ぼう


機材のことを学ぼう


覚えよう・弾いてみよう


ギター上達のために


ギター上達のために

リンク集のご紹介


Copyright(C)ギターのノウハウ教えちゃお!初心者講座All Rights Resereved