マイケル・ヘッジス(Michael Hedges)

ギターのノウハウ教えちゃお!

マイケル・ヘッジス(Michael Hedges)

トップページギターエッセイ>マイケル・ヘッジス(Michael Hedges)
スポンサードリンク

マイケル・ヘッジス(Michael Hedges)から学ぶ


アコースティックギタリストの間でも”神様的存在”でもあるアメリカのギタリスト、マイケル・ヘッジス。そのテクニックはそれまでの常識を覆したものとなった。
彼の出現により、ギターの演奏の常識が180度変わったといっても過言ではない。今活躍しているギタリストの多くも、マイケル・ヘッジスの影響を多大に受けていると雑誌のインタビューで述べている。

アコースティックギターの演奏は、一般的にはフィンガリング(アルペジオやスリーフィンガーピッキング)とバッキング(ストローク、カッティングなど)、そして時としてエレキギターのようなピッキング(メロディーを奏でたり、ソロ演奏をしたり)の中で平凡に行われることが多かった。しかし、その中のテクニックをより高度にしてギターの可能性を広げたのがマイケル・ヘッジスだ。

ギターの弦を叩くようにして鳴らすタッピングや、ハンマリングオンをすることにより音を多く鳴らすテクニック、変則チューニング(オープンチューニングに似た形)で演奏するものなどは押尾コータロー氏も影響を受けている。

スポンサードリンク


参考映像(著作権上の問題等で削除、もしくは再生不能になる可能性もあります。その他の理由においても動作を保障するものではありません。)

動画投稿サイトへ(YouTube)

彼の演奏から見てとれるように、”ギタープレイのスタイルに限界はない”というものをまざまざと見せつけられてしまいます。それは音楽の可能性を追求するものにとっては大きな勇気となり、上級者の方にとっては大きな礎となるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

カスタム検索


サイトコンテンツ


ギターのことを学ぼう


機材のことを学ぼう


覚えよう・弾いてみよう


ギター上達のために


ギター上達のために

リンク集のご紹介


Copyright(C)ギターのノウハウ教えちゃお!初心者講座All Rights Resereved