マーチン(martin)弦、フォスファーとブロンズの音色比較

ギターのノウハウ教えちゃお!

マーチン(martin)弦についての解説

ギターの種類や特徴に関するコーナーです。ギターメーカー・ブランド別、そして種類別にページを設けてありますのでご利用下さい。youtubeなどで実際に音を聴きながら、また解説を聴きながら(ほとんど英語ですがw)訪問者様自身が望む演奏スタイルや音色を追求してゆくための有用情報となれば幸いです。
トップページギター有名ブランドの特長・種類>マーチン(martin)弦
スポンサードリンク

マーチン(martin)弦 アコースティックギター専用


アコギ(アコースティックギター)を弾く人の間でも、マーチンの弦を利用している方は多いと思います。価格的にもピンからキリですが、ネット通販ではかなり値段も割引されて提供されており、ヘビーユーザー(リピーター)にとっても、良い環境が整ってきております。

また、カスタムライトという”ライトゲージとエクストラライトの中間程度”というものもあり、硬さ(柔らかさ)も種類がそろっているので選びやすいと思います。

近年、ミディアムゲージはあまり使われなくなり、ライトゲージが主流ですが、その中でも”弦の太さ”が表示してあるので、選び方としては”太さ”を見て購入するという方法も選択肢の一つとなってきました。


ブロンズ弦とフォスファーブロンズ弦の違いは?

今回ピックアップした動画は、3種類のものを弾き分け、比較する内容になっております。よく耳を澄ませてみると「使い分けてみようかな」と思ったり、「こっちの方が自分には合ってるかも」という情報が得られると思います。

ちなみに、私は「フィンガリングではフォスファー、ストロークんではブロンズ」といったように使い分けております。

初心者の方に補足説明致しますが、細い方が”1弦”太い方が”6弦”です。お間違いなく。Clapton's Choiceという種類もあり、音色もいいです。



参考動画。
(動画投稿サイトからのピックアップです。削除される可能性もありますのでご了承ください。また、動作の保証はしておりません)
動画内はミディアムを使用しておりますので、上記パッケージとは異なりますが、種類は同一です。



関連ページ:

D-28model D-45model

スポンサードリンク

カスタム検索


サイトコンテンツ


ギターのことを学ぼう


機材のことを学ぼう


覚えよう・弾いてみよう


ギター上達のために


ギター上達のために

リンク集のご紹介


Copyright(C)ギターのノウハウ教えちゃお!初心者講座All Rights Resereved