ベンチャーズのテケテケ、クロマチックランの弾き方

ギターのノウハウ教えちゃお!

ベンチャーズのテケテケ、クロマチックラン

トップページギターエッセイ>ベンチャーズのテケテケ、クロマチックラン
スポンサードリンク
ベンチャーズのテケテケ、クロマチックランの弾き方


エレキ弾きならやりたいテクニック。

ベンチャーズを知らなくても、このテケテケはエレキ弾きはやってみたいテクニックですよね。また、これはそれほど難しい技法を必要とするものではないので、他のテクニックに比べれば意外と簡単に弾くことができます。

練習の合間に、ギターで遊ぶ、ギターに慣れ親しむという意味でも、時折弾いてみることでモチベーションアップにつながるかも(?)知れませんね。


オルタネイトピッキングをしっかりと。

このテクニックは二つのテクニックを要します。”オルタネイトピッキング(ダウン・アップを交互に弾くピッキングの基本)”と、”グリス(グリッサンド)”組み合わせとなります。グリッサンドとはスライドのように、指板の上を滑らせるだけのものになります(どこからどこまでという定義は基本的にありません)

クロマチックラン(ベンチャーズのテケテケ)の弾き方
画像はあくまでも参考です。使用する指などは個人差もありますので、やりやすい指でやってみてくださいね。
それでは本題に入っていきますね。これは6弦で行うことが多いテクニックですので、6弦で演奏することを前提にお話していきます。

まず、基本的に必要なオルタネイトピッキングは必ずマスターしておきたいところです。前述にもあるように、「ダウンピッキング」と「アップピッキング」を交互に弾くものです。右手(左利きの方は左手)はこの動作を繰り返します。

そして、左画像をご覧ください。弦を押さえている手は、中指あたりがやりやすいでしょう。6弦をしっかりと押さえて、高いフレット(ポジション)から、低いフレットへと指を滑らせていきます。

この、滑らせる行為がグリッサンドというものですが、途中で指板から指が離れてしまうと、音が止まってしまうので、最後までしっかり押さえながら滑らせていきましょう。

このグリッサンドとオルタネイトピッキングがかみ合わさった時、上手いテケテケが完成します。


決まればカッコイイテクニック。

このテクニックは多用することはあまりないかも知れませんが、曲のどこかで、もしくはアドリブで適当なところに取り入れる感性とテクニックがあれば、面白い内容の演奏になりますよね。


▼動画で、そのコツなどを解説しております。

(約2分ほどでご覧になることができます)

スポンサードリンク


≪こちらも見てみる!?≫
レゲエのギターストロークに挑戦してみる!?
カッティング奏法の弾き方(基本編)音を切る演奏の仕方とは!?
ミュート奏法の弾き方(ブリッジミュート)
パワーコードの弾き方、押さえ方(ロックギターに多用するテクニック)
循環(巡回)コードの弾き方、覚え方(コード進行の基本)
スリーコード(ブルースコード))の弾き方、覚え方
小指でひと工夫、バイオリン(ボリューム)奏法
カスタム検索


サイトコンテンツ


ギターのことを学ぼう


機材のことを学ぼう


覚えよう・弾いてみよう


ギター上達のために


ギター上達のために

リンク集のご紹介


Copyright(C)ギターのノウハウ教えちゃお!初心者講座All Rights Resereved