フェンダー(fender)ストラトキャスターの特徴とは

ギターのノウハウ教えちゃお!

フェンダー(fender)ストラトキャスターについての解説

ギターの種類や特徴に関するコーナーです。ギターメーカー・ブランド別、そして種類別にページを設けてありますのでご利用下さい。youtubeなどで実際に音を聴きながら、また解説を聴きながら(ほとんど英語ですがw)訪問者様自身が望む演奏スタイルや音色を追求してゆくための有用情報となれば幸いです。
トップページギター有名ブランドの特長・種類>フェンダー(fender)ストラトキャスター
スポンサードリンク

フェンダー(fender)ストラトキャスター エレクトリック(エレキ)ギター


バンドを始めるとき、人気を二分するのがレスポールタイプと、このストラトキャスタータイプ。

ストラトキャスターの特徴はこの”アーム”。コードバッキングをしながら、もしくはソロを弾きながら音階を変えるすることができるという機能は、演奏の幅をグーンと広げることができる(アーミングは基本的に下げるものです)。

ただ、使いこなすのにある程度の練習が必要とされるという一面もある。頻繁にアーミング(アームを動かすこと)をすると、チューニングも狂いやすいので”演奏を弾きながら音を修正できる上級者”くらいにはなりたいところ。

ちなみに、このギターの代名詞でもある”ギターの神様、エリック・クラプトン”はボディー裏に収められているトレモロスプリングを増やしたりすることで、アームしないようにロック(固定)して演奏しています。

よって彼が演奏するストラトはアームがついていない。しかし、チョーキング
(弦を押さえたまま上下する奏法:音階が変化する)を多用することでストラトの持つ音の伸びや柔軟性を最大限に引き出す演奏を可能にしているあたりがさすがですね。

クラプトンの他にも、ジェフ・ベックなども愛用、彼はアームやボリュームを上手に使いこなし、ボトルネックとも組み合わせて他のギタリストにも真似できないほどの域へ達している。

ストラトキャスター弾きの憧れ(クラプトンモデルも色々出てますね)。
Fender USA Eric Clapton Stratocaster "Blackie"



参考動画(※動画投稿サイトからのものですので、削除もしくは再生されない可能性があります。また、その動作を保障するものではありませんのでご了承ください)



特にこのモデル、ピックアップの性能が良いので音の伸びがかなり良いのが特長(従来のものより改良を重ねている)フェンダーのギターをネットで検索してみる

関連ページ:

フェンダーUSA テレキャスター ムスタング ジェフ・ベック エリック・クラプトン

スポンサードリンク

カスタム検索


サイトコンテンツ


ギターのことを学ぼう


機材のことを学ぼう


覚えよう・弾いてみよう


ギター上達のために


ギター上達のために

リンク集のご紹介


Copyright(C)ギターのノウハウ教えちゃお!初心者講座All Rights Resereved